もちっとねっと。

デザイン学校にも通う女子学生の雑記。

正しい手洗い・消毒方法を国はちゃんと提示できてる??

こんにちは、もちです。

最近は、相変わらずタイポグラフィのトレースに勤しんでいます。

hataraku.vivivit.com

作字って、作業過程が見えないから、上の記事内の動画とか公開されているととってもありがたい😢❤️

 

さて、今回の話題。

アルコール消毒において、世の中に広まってなさそうなことについて考えてみようと思います。

前記事で取り上げたように、普段の生活において、アルコール消毒で新型コロナウイルスを不活性化させるにはおおよそ1分間必要ということでした。

また、アルコール消毒にあたって、事前に手指をしっかり乾燥させておくことが必要なようです。

医療現場における手指衛生のためのCDCガイドライン」によると、アルコールベースの手指衛生用品の効き目は、使用されるアルコールの種類、濃度、接触時間、使用量、塗布時に手が濡れていたかなどの要因が影響するとされています。

ぬれた手と乾かした手、アルコール消毒の効果の違いについて検証しているサイトがありました。

 

cheerdays.fcoop.or.jp



濡れた手のままだと、せっかくつけたアルコール消毒剤の濃度が薄まってしまう可能性があります。その状態で30秒以上アルコール濃度を維持したまま接触し続けるのは現実的に難しいというのが検証結果からも分かります。手は乾かしてから使うのが良さそうです。

ここで気になったんですが、実際「正しいアルコール消毒方法」と提示されている情報の中に、手を乾燥させてから使用することについてしっかり書かれている資料はあるのか?ということが気になり、多くのユーザーが使用するであろうGoogleにていくつかのワードで検索してみました。

検索ワード「手洗い方法」

f:id:xxcharco:20200924143557j:plain


こちらでは、アルコール消毒でなく手洗いの方法についての画像が多く並びます。

・手を洗い→水ですすぐ で完結しているもの
・手を洗い→水ですすぐ→しっかり手を拭く で完結しているもの

が半々くらいの印象です。

f:id:xxcharco:20200924143749j:plain

(画像引用:正しい手洗いの方法:墨田区公式ウェブサイト)

 

手を洗い→手をしっかり拭く までを記載しているものはいくつかありますが、これは手が濡れたままだと、その後菌が付着した際に菌が繁殖しやすくなるためだと思います。

消毒にあたって手を拭くことを必要とする記載をしているのは、この検索一覧のファーストビューだと、墨田区ホームページのみでした。

 

検索ワード「手洗い 消毒」

f:id:xxcharco:20200924143914p:plain

この検索一覧のファーストビューでは、手洗い→手を拭く→消毒の手順を紹介しているのはSARAYAのホームページのみです。

f:id:xxcharco:20200924143926p:plain

(画像引用:SARAYA『出来ていますか?せいけつ手洗い』)

 

検索ワード「アルコール消毒 方法」

f:id:xxcharco:20200924144001p:plain

このワードに至っては、消毒前の手指の乾燥について記載している情報がファーストビューではでてきませんでした。

 

個人的な感想

医療現場における手指衛生のためのCDCガイドライン」によると、アルコールベースの手指衛生用品の効き目は、塗布時に手が濡れていたかなどの要因が影響するということですが、それについて検証されたサイトが

cheerdays.fcoop.or.jp

ここだけなのか?というのが気になっています。日本で検証について書かれた文献がパッと見た感じ見つからないので、英語の文献も探しているところ…

皮膚科のホームページなどを見ると、手洗いして、濡れたままアルコール消毒するのは薦められないと書いてあるのですが、ここまで辿り着けるのって、この疑問を抱いた人だけだよね…

アルコールって、とりあえずつけとけばOK!みたいな考えが蔓延している印象なので、ちょっと今回の情報量の乏しさには驚いています。引き続き、私たちが気づいていない、アルコール消毒で気をつけたいことについて調べてみます。