もちっとねっと。

デザイン学校にも通う女子学生の雑記。

CBDオイルの風味を隠す5つの方法

こんにちは。もちです。

 

CBDオイルを使ってみて、感じるメリットは多々あるのですが、味については少し苦手かも?というのが正直な感想です。

 

私的には「苦い!」の一択なのですが、人によって「土っぽい」、「松脂っぽい」、「妙な味」…と評価がバラバラなようです。 

 

たしかに、CBDの味を気にしない人もいれば、やっと慣れてきたという人もいますが、その味に我慢できないという人も多いだろうな〜と思います。

 

めちゃくちゃ不味い‥!というわけではないですが、CBDの味を存分に楽しめていないうちの一人としてその味をごまかせる方法を考えてみました。

 

CBDオイルのフレーバーを気にしない5つの方法

 

1.CBDアイソレートまたは一部のブロードスペクトラムCBD製品を使用する

 

フルスペクトルのCBD製品は、自然を感じる素朴な風味が特徴だと言われています。
この、人によっては苦手と感じる味を避ける最も簡単な方法は、CBDアイソレート製品を使用することです。

CBDアイソレートは無味無臭の粉末なので、料理にも混ぜやすいなど、本来の風味を隠す工夫がしやすいです。

 

フルスペクトルCBDとCBDアイソレートの違いがわからないという方は、検索したり、このブログの別の記事を見ていただければと思いますが、基本的な違いは次のとおりです。

 

CBDアイソレートは純粋な結晶/粉末のCBDでフルスペクトラムCBD商品と違い、大麻草に含まれているオイルやワックス、テルペン、クロロフィル等を抜いています。99%以上純粋なCBDが含まれている状態なのでCBDだけの効果が実感できるものとなっています。THCフリー。

 

フルスペクトラムというのは原液由来の各種カンナビノイド、テルペンと言った成分が全て入っている状態の事です。体内に取り込まれた時、それぞれの成分が互いの効果を増幅させ、”アントラージュエフェクト”と言ったいわゆる相乗効果を発揮します。ただし「基本的に」フルスペクトラムのCBDはTHCが含まれているため違法となります。

 

フルスペクトルCBDはさまざまな大麻化合物をブレンドしたものであるため、これらの化合物と大麻植物全体の香りと風味を感じるそうです。なのでフルスペクトルオイルは大麻の味にちかいんだとか。
大麻というと、アメリカへ行ったときは大麻の独特な香りがいろんなところで感じられたんですが、フルスペクトルCBDも同じような香りなんでしょうか…







2.CBDカプセル

CBDを服用する最も便利な方法の1つはカプセルの使用です。カプセルを使用すると、CBDオイルがカプセル内に隠されるため、CBDアイソレートブレンドでもフルスペクトルブレンドでも、中身が舌に触れることはありません。

しかし、カプセルの場合、CBDが最初に消化管を通過する必要があるため、CBDが効き始めるまでに少し時間がかかるようです。



3.CBDを蒸気摂取する

VAPEなどを吸う人であれば、CBDリキッドはCBDの独特な風味を隠すためのいい選択肢の一つです。

CBDリキッドには一般的にフレーバーと呼ばれるような味がついています。

ヘンプ系のフレーバーやフルーツ系のフレーバー、ノンフレーバーもあります。好みのフレーバーを選択することができます。



4.CBDティーを一杯飲む

CBDティーはかならずしもCBDの風味を隠すわけではないようですが、海外ではいろいろなフレーバーのお茶が出ているようです。

f:id:xxcharco:20210311134235j:plain

www.cbdteas.net

 

今のところ、日本でティーバッグ型のCBDティーは売られていないようですが、日本に一度上陸してしまえば一気に広がりそうな気がします。



5.CBDグミを食べる

 

日本だといろんな栄養素が含まれているグミサプリが人気を博しています。

 

CBDグミもその手軽さから、ときどきTwitterでバズっているのを見かけます。

 

 

CBDオイルを甘いグミにブレンドしているので、食べた感じはCBDの味を感じさせないただの美味しいグミでした(グアムで今ほどCBDについて意識せず買ったものなので、CBDが含まれていたのかも謎なんですが…)。


日本で取り扱っている人気のCBDグミは、しっかりとCBDのメリットを感じられるようです。人によってはCBDの風味を100%隠せているわけではないという意見もありますが、独特の風味はオイルよりも中和されているようです。

 

 

CBDの味が苦手だなーと感じていても、CBDを使ったことのある人は、その変わった風味をはるかに上回るメリットがあることを感じているのではないでしょうか。もし「CBDのフレーバーが苦手・・・続けられるかわからない」という人がいれば、今回紹介したいろいろな方法を試してみるのも選択肢の一つかなと思います。